受講希望者に
パソコン検定とパソコン検定団体
資格はどうしたら取得出来るか
パソコン検定は最も取り易く人気のある資格
資格取得のメリット
選考の流れ
面接に勝つためには
いい会社の選び方
面接の評価基準
民法債権法務士認定試験
民法大改正!企業や団体の実務担当者の実践的な民法知識を認定。
会社法務士認定試験
会社法は企業法務を行う上では必須。会社法のプロフェッショナルを認定します。
働き方検定
【働き方マスター試験】、【ワークスタイルコーディネーター認定試験】、【労働法務士認定試験】、【ストレスチェック検定】の四つの検定試験で実戦力を身につける。
インバウンド実務主任者認定試験
インバウンドに関する様々な知識を持ち、インバウンドビジネスを展開する力を認定します。
マイナンバー実務検定
マイナンバー制度を良く理解し、保護して、適正な取り扱いをするための検定試験
個人情報保護士認定試験
必要かつ十分な体系的知識、そして管理・運営能力を証明します。
個人情報保護実務検定
保護法の理解と保護の実践力を身につけよう
情報セキュリティ管理士認定試験
セキュリティ対策の管理職・リーダーとして必要な知識を有することを認定します。
企業情報管理士認定試験
企業が必要とする『企業情報の保護』を正しく行える人材を育てる。